頬骨削りをしてみて感じた事

美容整形外科で施術を受け経過を待っている

友人より顔が大きく自信が持てない | 好きな人に振られたことがきっかけで頬骨削りを決意 | 美容整形外科で施術を受け経過を待っている

実際に手術をしてもらうときには、カウンセリングがあることを知りました。
カウンセリングで、その日どのような手術をするかを説明してくれます。
ことのほか丁寧でお茶まで出してくれたため少し感動しました。
緊張していた私の気持は、どこか緩んでしまい脳の中ではベータ波ではアルファー波が流れてきたようです。
施術は1時間程度で終了したした。
痛みがあったかといえば、ほとんど気づきませんでした。
痛み止めの注射を打ちましたのでその時私をチクリとしましたが、後は知らない間に終わっていた感じです。
その日のうちに顔面を確認しても大きな湿布のようなものが付いているため確認することはできません。
少なくとも数日間はとらないでほしいと言われましたので、会社は休むことにしました。
もちろん事前に有給休暇を入れていますが、予定以上に伸ばそうと思いました。
1週間が経過したころ、よう一度病院に行き状態を確認したところ、特に問題ないといっていましたのでそのまま経過を待つことにしています。